メインメニュー
frunデータベース
サイト情報
サイト運営者
ユーザ登録数:1012名
frun談話室
「frun談話室」の利用方法は次のページを参照して下さい。
frun談話室 - 投稿について - 投稿フォームの使い方
※投稿記事の閲覧は誰でも可能です。その点を配慮の上、利用して下さい。

7.オフ会・練習会 : 「frun22周年記念飲み会」のお知らせ

投稿者 トピック
ケイタロー
運営スタッフ
  • 登録日: 2007-3-5
  • 居住地: 京都
  • 投稿: 1230
Re: 「frun22周年記念飲み会」【ランの部】事前学習
事前学習Α∈能回です。

台風一過。被害はありませんでしたか。
それにしてもよく来ますね。先日の下見の時も、立ち寄った寺や神社で大木が折れていたり、ブルーシートで覆われた屋根もあって、やはり大阪でも上町台地の上は風が強いんだろうと思いました。今回は大丈夫だったかな。

で、七坂の一番南の坂が
■逢坂(おうさか)
排気ガスで煙る、現在の国道25号。公園北口(松屋町筋)交差点から四天王寺前(谷町筋)交差点の坂道です。
坂下の交差点あたりは合邦ヶ辻(がっぽうがつじ)と呼ばれ、浄瑠璃・歌舞伎『摂州合邦辻』の舞台です。
江戸時代には、四天王寺参詣と天王寺村から大阪市中に出る要路でした。道を渡った坂上に、一心寺があります。

■一心寺
法然上人の「日想観」(西に沈む夕陽を心に止め、極楽浄土を観想する修法)で有名なお寺。
西の海に沈む夕陽は、極楽浄土を想像できるほど美しかったんでしょうね。
また、大坂冬の陣で、茶臼山に陣を敷いた徳川家康はこの寺に本陣を置きました。

■四天王寺
ご存知、聖徳太子創建の大寺院。長く民衆の信仰を集めています。
今回走る(歩く)上町台地を「熊野街道」が通っています。天満の船着き場から、上町台地に上がり、空堀通りから上汐町筋を南下して四天王寺へ。さらに住吉大社から紀伊田辺を経て熊野に向かう古くからの街道です。
四天王寺の南門を入ったところに「熊野権現礼拝石」という大きな石があって、熊野詣の人々は、まずこの石の上に立って熊野権現を礼拝し、道中の安全を祈ったそうです。

ところで「天王寺」は「四天王寺」の略だそうですが、「四」をとっただけで、あまり変わらないと思うけれど・・・
それと天王寺と阿倍野橋って、大阪と梅田みたいで・・・JRと私鉄が仲悪いとか?(関係ない話ですみません)

最後にもう一つ
■幻坂(まぼろしざか)
なんて坂はありませんが、有栖川有栖さんの『幻坂』(角川文庫)という短編集があります。
天王寺七坂にまつわる、怪談というよりファンタジーという感じの小説です。本を片手に七坂を巡るのもいいかもしれません。

というわけで・・・上町台地はまだ続きますが、今回はここまで。最後までお付き合いいただきありがとうございました。
さぁ、あとはお風呂に入って・・・ふふふ。

それでは、10/8にお会いしましょう。(終)


----------------
ケイタロー(京都・桃山)


スレッド表示



ログイン
ユーザ名 または e-mail:

パスワード:

ユーザ名とパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

ホーム -  frunからのお知らせ -  frun談話室 -  frunカレンダー -  当サイトについて -  お問い合わせ
Powered by XOOPS Cube 2.0 ©2005-2006 The XOOPS Project
Theme Designed by OCEAN-NET