メインメニュー
frunデータベース
サイト情報
サイト運営者
ユーザ登録数:1012名
frun談話室
「frun談話室」の利用方法は次のページを参照して下さい。
frun談話室 - 投稿について - 投稿フォームの使い方
※投稿記事の閲覧は誰でも可能です。その点を配慮の上、利用して下さい。

7.オフ会・練習会 : 「frun22周年記念飲み会」のお知らせ

投稿者 トピック
ケイタロー
運営スタッフ
  • 登録日: 2007-3-5
  • 居住地: 京都
  • 投稿: 1230
「frun22周年記念飲み会」【ランの部】事前学習
事前学習です。

■高津宮(こうづぐう)(高津神社)
仁徳天皇を祀った由緒ある神社。というより落語の「高津の富」の方でが有名ではないでしょうか。今は亡き枝雀で聞いたことがあります。(東京では「宿屋の富」、舞台も湯島天神に変えられています。)
高津神社は上方落語に縁の深い場所で、他にもここを舞台とした落語がいくつかあります。境内には5代目桂文枝の碑が立てられていて、最後の口演がここ高津宮での「高津の富」だったそうです。

千日前通りを越えると「生國魂神社」。「いくたまさん」「生玉さん」で親しまれています。

■生國魂神社(いくたまじんじゃ)
すごいです!神武東征の際に創建されたと社伝にあります。実際は、孝徳天皇の時に難波宮ができる前にはあったと考えられています。そして、祭神が生島神(いくしまのかみ)と足島神(たるしまのかみ)。この2人の神様は、国の神霊とされ、新天皇の即位儀礼の1つである難波で行われる八十島祭(やそしままつり・今はやってません)の際にも主神に祀られていました。宮中の祭祀と深い関わりを持つ、大阪を代表する神社です。

この神社に上る坂が真言坂。ここから「天王寺七坂」が始まります。

■真言坂(しんごんざか)
七坂の中で、唯一南北に通る坂で、千日前通の上り口に石碑があります。坂を上ると生國魂神社の鳥居・石段の前に出ます。坂の名の由来は、このあたりに真言宗の寺院が十坊(「生玉十坊」)あったことに由来するそうです。
オダサクの愛称で親しまれている織田作之助は、神社のすぐ近くの生玉町で幼少期を過ごし、『木の都』という作品の中で「天王寺七坂」に触れています。(口縄坂のところで紹介します。)

そのまま神社を抜けて、源聖寺坂の坂上へ。
上町台地の上は平坦で、東へ行くと谷町筋に出ます。

■源聖寺坂(げんしょうじざか )
坂の名前は、上り口に源聖寺があるから。坂の途中からは階段になっていて、海岸に向かって急な崖を下りてゆく感じです。波の打ち寄せる音が聞こえてきそうです。(妄想)

昔は海辺だった松屋町筋を南へ。それにしてもお寺が多い!(つづく)


----------------
ケイタロー(京都・桃山)


スレッド表示



ログイン
ユーザ名 または e-mail:

パスワード:

ユーザ名とパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

ホーム -  frunからのお知らせ -  frun談話室 -  frunカレンダー -  当サイトについて -  お問い合わせ
Powered by XOOPS Cube 2.0 ©2005-2006 The XOOPS Project
Theme Designed by OCEAN-NET