メインメニュー
frunデータベース
サイト情報
サイト運営者
ユーザ登録数:1010名
frun談話室
「frun談話室」の利用方法は次のページを参照して下さい。
frun談話室 - 投稿について - 投稿フォームの使い方
※投稿記事の閲覧は誰でも可能です。その点を配慮の上、利用して下さい。

13.フリートーク : スポーツマンシップは単なる美しい言葉なの?

投稿者 トピック
こむそー
  • 登録日: 2007-8-5
  • 居住地: 日本一悪そうな地名の在る町
  • 投稿: 321
スポーツマンシップは単なる美しい言葉なの?
昨日のJAL千歳の受付台にも書いたんですけど、見ていて悲しくなった話。
26km地点手前のコース脇に不自然な形で横たわったランナーがいた。それを見て見ぬフリして走っていくランナーがいっぱい居ましたが、それって果たしてどうなんだろう?

そこで立ち止まった自分の行動は、ひょっとしたら後ろから走ってきた別のランナーの邪魔をしてしまったのかもしれない。
だから自分が全て正しいとは思わない。

でもね、そこでそのまま走り去った人に、どうして次のエイドへ少しでも早く到達して、ほんのちょってでも早く救護員さんを呼んであげるとかって発想を持て無かったんだろうかと悲しくなりました。

正直なことを言うと、「頑張ろう!日本」っていう見ていて誇らしくなってくるフレーズを背負って走ってるランナー、昨日の大会でいっぱい居たんだけど、その人達が目の前で多分困っているだろう人をほおっていくってのはどうなんだろう?
自分の成績だけがそんなに大切なの?
スポーツマンシップとか助け合いとかって、単なるそれを背負っていると自分がいい人に見える美しい言葉なの?

アスリートって看板を掲げている以上は、「俺最高!全身全霊負けず嫌い!」それで正解だと思う。でも、こういう場面に出くわすと、同時にそこに競った相手を思いやる気持ち、スポーツマンシップっていうのは単なるお題目なのかなって昨日一晩考えた。

これは自分がそう思うだけなので、これっ!ていう正解は無いと思いますが、皆さんのご意見を聞かせて欲しいと思います。
いかがでしょうか?


----------------
こむそー@けっぱるべや!北海道


スレッド表示



ログイン
ユーザ名 または e-mail:

パスワード:

ユーザ名とパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

ホーム -  frunからのお知らせ -  frun談話室 -  frunカレンダー -  当サイトについて -  お問い合わせ
Powered by XOOPS Cube 2.0 ©2005-2006 The XOOPS Project
Theme Designed by OCEAN-NET